• 映像制作のアルバイトの仕事内容は?

    テレビコマーシャルや映画、インターネットの中で公開する動画、セミナーや展示会などで放映する映像など、幅広いジャンルの映像制作を手掛けている制作会社が多くあります。


    映像制作と言うのは、どのような映像を作るのかと言った企画から、撮影機材や撮影場所の選択、モデルを利用する場合にはモデルの選定などから始まり、撮影、編集と言う作業を経て1つの映像が完成します。映像制作を手掛けている会社の中にはアルバイトスタッフも働いており、プロのカメラマンのアシスタントになるケースもあれば、撮影場所の下見やスタッフのお弁当の手配、撮影機材の運び役や輸送トラックの助手、編集作業時の補助など色々な仕事が用意されています。



    アルバイトの中でも経験を持つ人の場合には、カメラマンの助手となるケースや編集時のサポート役となるケースもありますが、経験を持たない場合には、主に雑用がアルバイトの仕事になります。

    毎日新聞情報が様々な条件で検索可能です。

    但し、雑用と言っても現在撮影している映像がどこで利用するものであるのかなどを知る事が出来る、仮にテレビコマーシャルで使う映像の場合には、テレビを見ている時に自分が携わった映像であると言う事を自慢出来るという魅力もあります。また、撮影現場や編集などの中でも活躍する機会が多くなるので、お金を貰った上で勉強させて貰えると言う魅力もあります。

    アルバイトで働いていた人の中には、バイト先企業に就職をして第一線で働いている人も少なくありません。